一般社団法人エビデンスに基づく統合医療研究会

事業内容


活動のあらまし

 平成23年7月6日、eBIM研究会は、補完医療を考える会の10回にわたる活動実績を踏まえて、正式に発足しました。
 eBIM研究会は、その目的として、エビデンスに基づく統合医療(eBIM)に関する臨床、研究、教育の各分野について情報交換の総合的な場を提供するとともに、eBIMの成果について社会に対し普及及び啓発努めます。

 またeBIMの研究と医療における実践を通じて、積極的な疾病予防、医療における治療の質の向上、患者個人のQOL向上を図り、トータル・ウェルフェアの実現により社会に貢献します。

 eBIM研究会は、この目的を達成するために、次の事業を進めて行きます。

   1.臨床、研究、教育における情報交換及び情報発信事業
   2.外部諸団体との交流及び連携事業
   3.社会的な普及及び啓発のための情報発信及び交流事業
   4.その他当法人の目的を達成するために必要な事業


ホームへ戻る